1. トップ
  2. ヒーターブログ
  3. 結露の原因は?ヒーターを使った結露対策をご紹介!

ヒーターブログ

  • 簡単な物理のはなし

結露の原因は?ヒーターを使った結露対策をご紹介!

こんにちは!スリーハイの中山です。

寒い季節に悩まされるのが「結露」、スリーハイでは、結露でお悩みのご相談を多数いただいております。 結露はカビや腐敗の原因となりますので油断はできません!

私達のヒーター使う事で結露の問題があっという間に解決します。

そこで今回は、厄介な結露の原因と、弊社でも取り扱いのある「結露防止ヒーター」を使った結露対策方法をご紹介します。

結露の原因は?結露を放って置くと大変なことに!

結露は甘く見てはいけません! 対策方法を考えるために、なぜ結露ができるのか結露の原因から見ていきましょう。

結露の原因は「温度差」と「湿度」

18379332_1586089158088488_2024346119_o.jpg

結露の原因はズバリ、「温度差」と「湿度」にあります。

冬は室内の窓ガラスが結露しているのをよく見かけますよね?これは、冬は外気温が低いのに対し、暖房などによって暖かくなった室内と、外気に近い窓付近に大きな「温度差」が出来るためです。

また、冬は乾燥を防ぐため、室内で加湿器などを利用することが増え、「湿度」が高い状態になりやすいのも原因の一つです。

空気は、温度が高いほど水蒸気を含むことが出来ますが、冷たい空気は水蒸気を少ししか含むことが出来ません。

暖房によって温められた空気は、加湿器によって水蒸気をたくさん含める状態になり湿度が高くなります。しかし、窓際のような温度が下がる場所で冷やされると水蒸気を保持出来なくなってしまい、水滴に戻るのが「結露」の原因なのです。

夏も結露にご注意!結露がカビなどの原因に!

結露というと冬のイメージがありますが、実は夏でも起こりうる現象なのです。

冬とは逆に、外気温が高い中、エアコンやクーラーなどで室内が冷えていると温度差が起こるのでやはり結露してしまいます。

結露が厄介なのはガラスが曇るだけではなく、結露が発生するところは湿気がひどいので、カビが発生したり、金属を錆らせたり、木材が腐ったりする原因になるところです。

拭いても拭いても出てくる結露。毎日拭くのも面倒だし、拭いてもどうせまたついてしまうし・・・と諦めて放って置くと大変なことになるんです。

夏は特に湿度が高いので、水分を得たカビがここぞとばかりに元気になります。カビは人体にも影響がありますし、木材の腐敗は住居などの劣化を早めてしまうことになり、放置しておくと後々大変です。

そうならないように事前の結露対策が重要というわけですね。

あるゆる場所の結露を防止!結露防止ヒーターがおすすめ!

では、どの様に結露を防ぐのか? 結露対策を施したい場所や環境などによって方法は異なりますが、共通している対策は「結露しやすい物の温度を一定に保つ」という事です。 そこで、私達スリーハイでは、ヒーターを使った結露対策をおすすめしています。

結露防止ヒーターとは?

結露防止ヒーターは結露しやすい物の温度を一定に保ち、温度差を減らすとにより結露を防止するために作られたヒータです。

最近では、窓用の結露防止ヒーターも一般的になり、ご利用しているご家庭も多くなっています。

例えば、お風呂の脱衣所にある洗面台の鏡も曇らないようにヒーターで温めていたりします。 お風呂に入る前後にヒーターで温めておけば鏡もしっかり見えて鏡として常時使う事ができます。

スリーハイの結露防止ヒーターはこんなところに便利!

結露というと窓のイメージが強いですが、実は防犯カメラのレンズや配管、液体の入った容器など、あらゆる場所で結露は発生します。

このような、少し特殊な結露防止にはスリーハイの結露防止ヒーターがおすすめです!

実際に、防犯カメラのレンズ、工場内の配管、液体の入った容器、空調などの結露防止ヒーターを製作した実績がございます。

他にも、山間部や冷気が流れ込んでくる機材の近くや夜間など、場所だけではなく様々な条件に合わせたヒーター製作が可能です。


image2.jpg

結露の原因は?ヒーターを使った結露対策をご紹介!のまとめ

今回のお話しのポイントは次の3点です。

  • ・結露の原因は「温度差」と「湿度」!
  • ・カビが生えやすい夏も結露に注意が必要!
  • ・結露防止には結露防止用ヒーターがおすすめ!

いかがでしたでしょうか?

温度差が生じるありとあらゆる場所で、結露は発生します。

結露防止に便利な結露防止用ヒーターですが、スリーハイでは既製品は一つもございません。

使用状況や使用条件に合わせて、困っている方一人一人に寄り添った形で一つから製品を提案し製作するからです。

難しいご提案でも、しっかりとした打ち合わせを行い、どんな場所でも温められるヒーターを提供いたします。


【ヒーター使用イメージ図】

image1.gif image3.gif

結露や熱で困った事がありましたらいつでも気軽にご相談ください!スリーハイのヒータや製品に関するお問い合わせも承っています。

以下のお問合せフォームからでしたらいつでも簡単にご連絡いただけます。

スリーハイお問合せフォーム

製品のご紹介

ページトップ