1. トップ
  2. ヒーターブログ
  3. ラバーヒーターの使い方。温度調節器とセンサーが必須です!

ヒーターブログ

  • ヒーターの知識

ラバーヒーターの使い方。温度調節器とセンサーが必須です!

初めてでも安心!シリコンラバーヒーターを使ってみよう!

こんにちは、スリーハイの斎藤です。

寒冷地や気温が低い朝晩などに、凍結や結露に悩まされている方も多いと思います。凍ってしまうと、お湯で溶かしたり、固まった液体を湯煎したりと冬場はそれだけで一仕事ですよね。

そこで、是非シリコンラバーヒーターを使って、今までの手間を一つ取り除いて行きたいと思います!

今回は、ラバーヒーターの使い方と、意外と知らないラバーヒーターを使う上で必須の温度調節器とセンサーについてもお伝えします。


image001.jpg


何から揃えたら良いの?

初めてシリコンラバーヒーターをお使いになる方は、何をどう揃えたら良いのかさっぱりわからないかもしれません。

そこで、まずシリコンラバーヒーターを選びましょう。

温めたいもののサイズや温度を基準に選びます。

スリーハイの標準シリコンラバーヒーターは、電力密度が0.8W/cm2となっており、制御温度により異なりますが、一般的に0.8W/cm2以下が最適となっております。電力密度が高すぎますと温度制御がしづらくなったり、また、火災の危険性もありますので0.8W/cm2以下を推奨しております。

また、スリーハイでは通常在庫しているシリコンラバーヒーターがあり、サイズは25mmx50mm~300mmx300mmと幅広いサイズをご用意しておりますので、すぐに使ってみることができます。(通常在庫ヒーターは、全て100Vです。)


image004.png


ただし、弱点がありましてシリコンラバーヒーターは基本的に屋内での使用として設計されておりますので留意ください。


シリコンラバーヒーターだけでいいの?

シリコンラバーヒーターだけをお使いの方もいるようですが、シリコンラバーヒーターを用意しただけでは少し不安です。

温度調節(コントロール)しなければ電気はどんどん流れシリコンラバーヒーターの温度は上がっていくからです。

また、悪天候などによって電気系のトラブルが起こった時も、電流がどんどん流れてしまうと大変危険です。

そこで必要なのが温度コントローラーと温度センサーです。

温度コントローラーでON/OFF制御できるので安心です。

シリコンラバーヒーターを使う時は、温度コントローラーも一緒に使っていただくと安心です。電流の制御方法は、「ON/OFF制御」といって、加熱動作の切り替えを設定できます。例えば、ヒーターの温度を100℃付近で保ちたい場合は、温度コントローラーのON/OFF制御を100℃に設定すると、ヒーターへの通電が100℃でOFFとなり、100℃以下に温度が下がってくるとまたONになります。予め温度を設定しておけば、ヒーターが暴走してしまうこともありませんので安心です。

さらに、もう一つスリーハイの温度コントローラー「monoone-120」は、温度モニター窓が2つあり、一つはシリコンラバーヒーターの温度をモニターしつつ、もう一つの窓で被加熱物の温度もモニターできる業界初の温度コントローラーなのです。まさにこの機能は、初心者の方でも簡単、安全に使える事を第一に考えた設計になっているので機能的なうえに安心です。


image005_0922.jpg


http://www.threehigh.co.jp/products/dt_control/monoone120.php

シリコンラバーヒーターのもう一つの味方「温度センサー」

実は、もう一つ揃えていただきたいものが「温度センサー」です。

温度センサーは、2つの異なる金属線を組み合わせたもので、端子が2つあるのですが、一つを温度コントローラーに繋ぎ、また、もう一つをラバーヒーターに密着させて、温度を測定します。温度センサーがないと、ヒーターの温度が測定できないので安全にシリコンラバーヒーターを使う場合はやはり必須となります!

http://www.threehigh.co.jp/products/sensor/thermocouple/thermocouple_04.php?code=TH-8282

スリーハイの取扱っている温度センサーはKタイプと白金測温抵抗体があり、熱電対はデュープレックス(先端溶接)タイプ、シースタイプ、シートタイプ、スティックタイプ、モールドタイプより選べます。いずれも即納品となっておりますのでお急ぎの場合でもすぐに納品が可能です。


image007_0922.jpg


それでは、シリコンラバーヒーターを使うための2点(温度コントローラーと温度センサー)は必須のアイテムです。これらを揃えて、さっそくシリコンラバーヒーターを使ってみましょう!温度センサーを温度コントローラーにつなげて、シリコンラバーヒーターに電源を入れてください。

温度コントローラーは、購入前にお試しできるレンタルをご用意していますので、ぜひ一度使ってみてください。WEBのお問い合わせフォームまたはFAXでご依頼いただけましたら、約2週間程度、無料でお貸し出しいたします!

https://www.threehigh.co.jp/contact/

まとめ

シリコンラバーヒーターを使う時は、温度コントローラーと温度センサーが必須です。この3つをそろえて安全に作業が効率よく進むように、スリーハイでも全力でバックアップさせていただきますので、どんな些細な事でも結構です。お気軽にお問い合わせください。

熱のお困りごと、ございませんか?

http://www.threehigh.co.jp/pdf/threehigh_leaflet.pdf

温度コントローラー

http://www.monoone.jp/120/

温度センサー

http://www.threehigh.co.jp/products/
ページトップ